糖尿病の疑いで血糖の検査をうけました

糖尿病の疑いで血糖の検査をうけました

akizouさんによる写真ACからの写真

 

少し遡って妊娠14週目(4ヶ月)、2回目の妊婦健診の時に看護師さんに唐突に言われました。

「血糖の検査しますね」と。

妊娠してから産婦人科にかかりはじめて、毎回のように尿検査や血液検査をしていたので、特に気にすることなく、「あ、そうなんですね〜、わかりました」と言って検査を受けることに。その日は朝ごはんを食べて行っていたので翌日に再度予約して検査をしてもらいました。

前日の夜9時以降食事禁止。水のみ摂取可ということで、晩御飯をすませ、翌日の朝も夫のお弁当のつまみ食いを我慢して、朝9時にいつもの産婦人科へ。

名前を呼ばれてすぐに小さい試験管1本に採血。

そのあと冷たく冷えた瓶に入った甘い炭酸ジュースみたいなのを1本飲み干しました。

このジュースが糖分らしく、2時間でちゃんと下がるかどうかを検査するのだそう。

タイマーをセットして、30分後にまた呼びますね、と言われて待合室へ。

そして30分後にまた試験管1本採血、これをそのあと3回繰り返し、合計2時間。5回採血しました。

普段私は採血は右腕からとってもらうのですが、いったい5回もどこからとるのかと思ったら…

1回目右(いつものとこ)、2回目左の真ん中、3回目1回目と同じとこ、4回目左の違うところ、5回目1回目と同じところ。なんと同じところから3回も採血されてしまいました。血管がぶくぶく腫れてびっくりしてしまいました。

もう3回目の採血からだんだん憂鬱になってきました。

でも途中で具合が悪くなったりして中断すると違う日にまた最初からやり直しとのとこだったので最後までがんばりました。

 

そもそもなんでこの検査をすることになったかというと、一番最初に産婦人科で採血した時に基準値内ではあるけどもすこし高い数値がでたからだったみたいです。

また糖尿病は生活習慣病というイメージが強いですが、妊娠中は胎盤から血糖を下げる働きを妨げる成分が出るため、血糖が上がりやすく、妊娠糖尿病という病名で妊婦さんの1割程度の人が発症するとのことです。

結果は次の健診のときにということで、ドキドキしながら一ヶ月を過ごします。→何も問題ありませんでした。

 

もうこんな検査受けたくない…

初マタ備忘録カテゴリの最新記事