37週1日目、出産の記録

NO IMAGE
37週0日目の夜中、なんだか胎動が弱い気がする…と不安になり電話をして夫に病院に連れてきてもらいました。電話をうけてくれた看護師さんも入院中にだいぶお世話になっていたので「すぐにきて!」とスムーズにすすみました。
到着してすぐにモニターチェック。赤ちゃんの心音はすぐにとれたので一安心でした。
そしてそのまま痛みが強くなり…
深夜に分娩台に移動。
37週に入ればもう早産ではなく、正期産になります。
夫は翌日仕事で、私も初産のためどのくらいお産に時間がかかるかよめなかったので一旦帰宅することに。
私のお腹に向かって「いったん帰るね〜、もう産まれてきていいってよ〜」と声をかけて帰ろうとした瞬間、ダーっと破水。
分娩室に看護師さんがいなかったのでナースコールで「破水しました!」と伝えて来てもらいました。
そのときはまだ普通に喋れるくらいの痛みで余裕余裕。お腹に痛みがくる間隔をスマホの陣痛カウンターを使って自分で測ったりしていました。
そのあとはどんどんどんどん陣痛の痛みが強くなってきて分娩室に入って6時間後、痛みで気持ち悪くなり嘔吐しました。看護師さんに教わって夫が背中をさすってくれるも…違うそこじゃない〜、そうじゃない〜…と思いながらも意識は最後までちゃんとありました。
さらに2時間後、子宮口9cmで分娩開始。いきんでもいきんでもなかなか出てきてくれません。
痛くてたまらず「ヒッヒッ」と短く息を吸い込んでいたら「赤ちゃんが苦しくなるよ!ふ〜って吐いて!」と何回も言われました。それまでは助産師さんと看護師さんが対応してくれていたのですが、いつのまにか先生が登場、ベッドの角度やあれこれ指示をしたら「あと2回くらいいきめば出てくるよ〜」と。
先生が登場して指示をしてくれてからは早かったです。さすがおじいちゃん先生…。ずるっと出てきて産声が聞こえました。
分娩室に入ってから9時間後、無事に出産を終えました。
予定日より3週間ほど早く産まれてきたのに3,600gを超える赤ちゃん。
産まれてすぐにお腹の上に乗せてくれて抱っこしました。産まれたばかりの赤ちゃんって、赤黒くて宇宙人みたいなイメージだったのですが、すでにぷくぷくして、髪の毛もふさふさ。すごく可愛い!
でも陣痛は痛かった…本当に2度と出産したくないと思いました。
それでも初産にしては早かったほうではないでしょうか。これが何十時間も続くと考えると…本当に気を失うと思います。そして予定日(これから3週間後)までお腹の中にいたとしたら…4kgオーバーで帝王切開の可能性が高かったと思います。赤ちゃんがお母さんに負担をかけないようにいいタイミングで出てきてくれたんだねぇと言われました。
こうして初期からずっと不安だった妊婦生活がやっと終わりました。産院の先生と看護師さんたちにはとてもお世話になりました。そして何より夫がずっと気遣ってくれたことに感謝しています。
いろんな人に支えられて産まれてきてくれた赤ちゃん、可愛くって仕方がありません!
愛情をたっぷりそそいですくすく育って欲しいです。

初マタ備忘録カテゴリの最新記事