冷凍パスタが便利すぎもう一からパスタを茹でれない

冷凍パスタ料理

子供と二人の時の料理って本当に時間がない!でも作り置きすると夫が食べ尽くしてしまう(←)そんなとき、テレビでカフェか何かのまかないに冷凍パスタを使っているというのを見て、自分でも作ってみました。

すると一から乾燥パスタを茹でて作るのに比べてとてもとても簡単!楽!早い!
もう一からパスタを茹でる料理には戻れません。

冷凍パスタの作り方

①乾燥パスタを一晩水に浸ける

乾燥パスタを水の漏れない袋かタッパーなどに入れてパスタが全部浸かるように水をたっぷり入れて、冷蔵庫で一晩置きます。↑の写真は乾燥パスタ1kg分。2歳の子供も一緒に食べるので半分に折ってから水に浸けています。水がもれた時のために受け皿がある野菜室にいれてます。

②水を吸ったパスタを軽くほぐす

一晩たったらボウルにあけてパスタを軽くほぐします。←ポイント

③水気を軽く切る

ザルで水を切ってボウルに戻しました。最初1kgだったパスタが水を吸って1.8kgになりました。

④小分けにする

一食分ずつラップで包んでいきます。約180gになるように分けました。少食の人はもっと小分けにしてください。

ラップでくるみ終わりました。

⑥冷凍庫で凍らせる

冷凍庫で冷凍します。これで冷凍パスタの完成!長期間保存すると劣化するので早めに食べ切りましょう!二週間くらいは平気そうです(我が家談)。

冷凍パスタの調理の仕方

①冷凍パスタを解凍させる

あらかじめ冷蔵庫に移して解凍させておくといいのですが「今食べたい!」という時は凍ったままお湯で茹でます。小さなお鍋と少量の水でできるので楽です。
冷凍庫から出してすぐにラップを剥がそうとするとラップとパスタがくっついていて破れてしまうのでお湯が沸騰するまでの間ボウルに水道水をいれて冷凍パスタをラップで包んだまま浮かべて解凍します。たまに上下ひっくり返します。

解凍用のお湯が沸騰する間に野菜などを切って炒めておきます。

お湯が沸騰するころ、冷凍パスタの表面が解凍してラップが簡単に剥がれるようになります。

沸騰したお湯にドボン。ほぐれているところはすぐにパスタの色が変わります。ときどき箸で混ぜながら全部ほぐします。

②ほぐれたパスタに火を通して味付けをする

この後は普段のパスタと一緒。湯切りして具材を炒めたフライパンに加えて絡めながら炒めます。パスタを一本味見してみて火が通っていれば出来上がり!

新玉ねぎとルッコラ、シーチキンのナポリタン。

ルッコラとトマトのパスタ。

時間があったので自然解凍させてそのままフライパンで炒めるとき。火が通っていないところは白っぽいです。

バターと塩胡椒だけで炒めました。火が通ると普通に茹でた時のパスタと同じ色になります。

サラダパスタにしたり付け合わせにちょこっと入れたい時などとても便利です。

まとめ

冷凍パスタの作り方
乾燥パスタをたっぷりの水に一晩浸けて小分けにして冷凍する
ポイント→小分けにする前にほぐすこと

冷凍パスタの調理の仕方
解凍してフライパンなどでパスタの色が変わるまで1分ほど火を通す

実際どのくらいの時間で調理できるのか動画を撮ってみました。
ただ無言で料理をする動画ですがどうぞ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました